NHK「おはよう日本」で紹介された便利グッズ「傘(杖)とバッグとを一緒に保持する二刀流フック」はコチラをクリックしてください。


ライターは障害者の一言から生まれた

 

私は片手が不自由だからマッチを擦ることができない。

片手でも着火できる器具が欲しい。

 

ライターはもともと障害者のために開発されたバリアフリー商品だった。

ライターは世界中で愛用され、大ヒット商品となった

 

障害者にとって便利なものは、誰にも便利。

ライターは世界中で愛用され、ライターを開発した会社に膨大な利益をもたらした。

 

バリアフリーアイデアのチカラ

 

障害者の独自の視点から生まれるバリアフリーアイデアは、社会全体を便利にし、企業に経済的利益をもたらすのです。

障害者がアイデアのチカラで社会を豊かにすれば、障害者は社会を牽引するリーダーになれる。

 

当協会の目的

 

バリアフリーアイデアで社会に新しい風を吹かせ、誰もが暮らしやすい社会を作ること。 

これが当協会の目的です。

  

事業紹介

 バリアフリーコンサルティング

 

・バリアフリー商品開発支援

(詳細はコチラ


・バリアフリーおもてなし支援

(詳細はコチラ

 

教育事業(バリアフリー授業)

 

東京都教育委員会オリンピック・

パラリンピック教育支援プログラム

  • バリアフリーグッズを作ってみよう!
  • バリアフリーアイデアを皆で考えよう! 

詳細はコチラ

バリアフリー商品開発

 

二刀流フック販売中!

 

障害者目線・高齢者目線から生まれた「杖・傘とバッグとを一緒に保持できる便利グッズ。

 

詳細はコチラ


真のバリアフリーを目指して

 

障害者への「同情心」に基づくバリアフリーは時代遅れ。

必要なのは同情心ではなく「リスペクト」。

 

障害者がアイデアを出し合って社会を豊かにすれば、健常者は障害者をリスペクトする。

これこそが真のバリアフリーであり、この実現こそが当協会の使命です。

  

コンセプト

 

障害者を社会的弱者という人がいます。確かに、その一面はあります。

 

しかし、アイデアの世界では障害者は強者です。

アイデアは不便なことから生まれ、障害者の身の回りには不便が溢れているからです。

 

ライターの例のとおり、障害者の意見やアイデアが社会を便利にしています。

障害者はアイデアで社会に貢献しています。

 

障害者はアイデア強者であり、社会のリーダーになれるのです。

 

当協会は障害者を支援する団体ではありません。

その逆です。

障害者が社会を支援する。これが当協会のコンセプトです。