公立学校におけるバリアフリー授業

  • 東京都の教育支援プログラムに参加し、学校向けのバリアフリー授業を行っています。
  • このプログラムは東京オリンピック・パラリンピック開催に向けバリアフリー教育を推進するものです。
  • 当協会では以下の2つのプログラムを提供。これまで多数の授業を開催しました。

(1)バリアフリーグッズを作ってみよう!

障害者が考案した超軽量タッチペンを工作する授業です。

工作という楽しい作業を通して、障害者の日常やバリアフリーの大切さを学びます。

(2)バリアフリーアイデアを皆で考えよう!

 

【目が見えない人が着替えをするときに感じる不便を洗い出し、

その不便を解決するアイデアを皆で考える。】

 

【片手が不自由な人が文房具を使うときに感じる不便を洗い出し、

その不便を解決するアイデアを皆で考える。】

 

そんな、日常的なテーマに取り組むことにより、障害者の日常やバリアフリーの大切さを学びます。

 

バリアフリー授業をご希望の方はこちらからお問い合わせください。

→お問い合わせページへ